【鈴鹿市】宇宙から帰還された前澤友作さん、ふるさと納税10億円を鈴鹿市など全国87の自治体に寄付してくださいました!

2021年12月8日〜20日の間、日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在したZOZO創業者でスタートトゥデイ社長前澤友作さんが、宇宙旅行を終えて帰国した翌日の12月24日午前ツイッターを更新。

画像はイメージ

ふるさと納税10億円を地域の観光振興のために寄付する取り組みについて、全国87の自治体に寄付したと発表しました。
その中に、なんと鈴鹿市も入っているではありませんか!

この取り組みは宇宙へ旅立つ2ヶ月前、10月12日にツイッターを通じて地域の資源を活かしたスペシャルな観光体験の提案とともに寄付先の募集が始まっていました。10月27日時点で47都道府県275市区町村以上の自治体から申し込みがあったそうです。

前澤さんは2020年も150自治体に一律500万円(総額7.5億円)のふるさと納税を行っており、返礼品も辞退されています。

留まることを知らぬ寄付・お金贈り、宇宙旅行、本当に凄すぎます。
現在行われている『宇宙から全員お金贈り』キャンペーンではその場で当選金額が分かり、受け取りや寄付など使い道を決められます。当選金受け取りの手続きをした方のうち、約10%の方がそのまま全額を寄付しているそうで、寄付が広まるきっかけになればとコメントされています。

前澤さんからの鈴鹿市への寄付がどのように観光資源に活かされていくのか楽しみですね。

他にも一般の方や著名人で鈴鹿市へふるさと納税されている方もいらっしゃると思いますが、今回は当選報告も含めて前澤友作さんを紹介させて頂きました。前澤さん、ありがとうございます!

  1. すずか応援寄附金(ふるさと納税制度)
2021/12/28 07:05 2021/12/28 08:22
ベルバンビ

お腹を空かせている地域の子どもたちに食事を!子ども希望チケット1口600円からのSDGs  寄附募集中!

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ鈴鹿市亀山市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集