【三重】55年の歴史に幕。「名阪上野忍者ドライブイン」が3月31日(木)をもって閉店します

画像はイメージ

名阪国道沿いの「名阪上野ドライブイン」が2022年3月31日(木)をもって閉店することになりました。
1966年9月、三交興業が開業した同施設は「忍者ドライブイン」の愛称で親しまれ、休憩や飲食、観光の拠点となりました。1990年には年間約8万台の大型バスが立ち寄る人気施設でしたが、新名阪高速道路の整備など道路環境や旅行形態の変化などで2018年は年間約1万4000台に減り、施設の老朽化も進んでいたところにコロナ禍が直撃。55年の歴史に幕を下ろします。

画像はイメージ

閉店感謝セールも実施し、1月22日(土)からプレセール、2月22日(火)から本セールが開始します。「55」にちなんだ550円や1550円の特設商品や、レストランの伊賀牛増量メニューなどを展開予定です。

閉店後は建物を撤去し、再開発が検討されているそうです。

2012年に建物を改装し、マスコットキャラクター「忍にゃん」を導入するなど、リニューアルを図ってきましたが、昭和の良き思い出の場所が無くなる残念な結果となってしまいました。ネット上には悲しみの声が続出、専門店「中華料理 太陽」や「焼きとり おすみ」についての投稿も多くありました。
さらば忍者ドライブイン。3月31日(木)の閉店までに、是非足を運んでみたいですね。

名阪上野忍者ドライブインはこちら

 

2022/01/14 07:05 2022/01/14 07:05
ベルバンビ
ジモネタ鈴鹿市亀山市
号外NET他の地域

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集